夢(目標)を持つ大切さ 点数を上げるためにするべきこと

学校&勉強ブログ

【タイトル】夢(目標)を持つ大切さ 点数を上げるためにするべきこと

こんにちはてぃーちゃーMです

毎日勉強に取り組みたいけど続けられない
塾にも通っているけど成績が上がらない

テストで点数を上げるために
親や先生に「すごいね」と言ってもらえるように

どうすれば点数が上がるのかをご紹介します

自分を知る

ゆっくりと思い浮かべてください

あなたは頭の上から自分を見ています

朝、学校へ行き友達や先生にあいさつし、机に座りました

ここまでで、あなたができている素晴らしいことがあります

あなたは自分の足で歩いて学校へ行くことができています

あなたは言葉を出すことができています

そしてあなたは自分の机だと理解することができています

当たり前じゃないか

と、思われたでしょう

でも、当たり前にできていることでも難しい人はいくらでも存在するのです

だからまず

あなたは何でもできるのだ!
自分は何でもできるのだ!と理解してください

一切の迷いなく、苦手なことがあろうが、自分は何でもできるのだと理解してください

イメージする

入試の合格発表の瞬間、目の前に自分の受験番号がのっている

合格掲示板を見ている自分をイメージしてください

楽しい高校生活をエンジョイしている自分をイメージしてください

高校の部活動で大活躍している自分をイメージしてください

思い描くことは実現できることなのです!!

あなたはライト兄弟をご存知でしょうか?

当時人間が空を飛ぶなんて不可能と考えられた時代に、不可能に挑戦し続けた兄弟です。

彼らは、頭の中に強いイメージを持っていました

「必ず空を飛べる!」というイメージです

その結果どうなったかは今日の空を見上げてみればわかるでしょう

目標を設定する

最後に、具体的なハードルを設定するということです

これはゴールではありません

あくまでもハードルです

ハードル走はいくつかのハードル(障害)を乗り越えてゴールへと走り抜けていく競争です。

私たちの目標達成もあくまでもハードル走と同じです

一つのハードルを越えてもそれでおしまいではありません

次々と出てくる障害を的確に乗り越えていかなければなりません

乗り越えたハードルが高ければ高いほど、低いハードルを越えることは楽になります

ですが、ハードルがあまりにも高すぎると乗り越えられません

それは目標の設定が間違えています

目標をハードルとし、ハードルの高さ設定を的確に設定することで乗り越えられるようになります。

例えば、毎日30分だけ勉強するというハードル設定にする

毎日続ければ15分の勉強は苦にならなくなってきます

でも、いきなり5時間の勉強時間の設定ではどこかでくじけてしまいます。

はじめは少しずつでいいので、的確な目標を設定しましょう

このステップを続けることであなたの点数は確実に上がります

まとめ

自分を知る
イメージする
目標を設定する

これを読んだらやっていただきたいこと

この画面を消し

目をつぶって

イメージしてください

毎日楽しく過ごしている高校、大学、社会人の自分を

イメージからすべてが始まります

本気で思えば必ずつかみ取れる

熱い気持ちが、君の夢をかなえる

最後までご覧いただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました