#11【中学校社会科 歴史ノート】朝鮮や中国 漢のあと

歴史一覧

こんにちは

てぃ~ちゃ~Mです

今回は#11「朝鮮や中国の様子(漢のあと)を紹介します

▼今回の動画はこちら▼

#11【中学社会科 歴史】 中国(三国時代~南北朝) 朝鮮半島 【てぃ~ちゃ~Mの授業】

▼今回のノート用文章はこちら▼

①中国の変化  

 春秋戦国→秦→漢→三国時代(魏呉蜀)→晋→南北朝

②日本とのかかわりを持つ中国の歴史書

 1:「漢書」地理志・・・倭は100あまりの国に・・・

 2:「後漢書」東夷伝 ・・・漢の光武帝より奴国(なこく)の王に金印。

             「漢委奴国王」(福岡県志賀島で発見)

 3:「魏志」倭人伝・・・邪馬台国の卑弥呼。「親魏倭王」の金印(未発見)

③朝鮮半島の情勢

  高句麗の台頭、楽浪郡を滅ぼす。南部は新羅、伽耶、百済。日本は百済や伽耶と同盟

勉強復習、予習、テスト勉強などの参考にどうぞ(^_^)

▼ 歴史記事 ▼

本記事の内容:紀元後3世紀ごろの東アジアを知る

  • 中国の様子
  • 朝鮮の様子
  • 日本とのかかわりと情勢

中国の様子

変化を大体確認しておきましょう

春秋戦国→秦→漢→三国時代(魏・呉・蜀)(ギ・ゴ・ショク)→晋(シン)→南北朝(南宋(ナンソウ)と北魏(ホクギ))

この中の三国時代の頃です

日本とのかかわりを持つ中国の歴史書

日本よりも昔から紙を使用し言葉で歴史を刻んできている中国。だからこそ、古い日本の様子も中国の歴史書が物語っている

 「漢書」地理志 

倭は100あまりの国に・・・

 「後漢書」東夷伝

漢の光武帝より奴国(なこく)の王に金印。「漢委奴国王」(福岡県志賀島で発見)

 「魏志」倭人伝

邪馬台国の卑弥呼。「親魏倭王」の金印(未発見)

朝鮮半島の情勢

それまで、朝鮮半島の北部に漢が楽浪郡を設置し支配していたが、高句麗が支配を広げていき、楽浪郡を倒し都を置いた(中国では晋(シン)の時代)     

そのころ朝鮮半島の南部には、百済(クダラ)、新羅(シラギ)、伽耶(カヤ)がある

日本は百済や伽耶と国交があった

日本とのかかわり

高句麗 VS 百済(友好関係)倭(日本)

5~6世紀ごろ南北朝時代に宋(長江流域の漢民族)VS北魏~黄河流域の遊牧民族

倭(日本)は宋と友好関係   

倭(日本)は百済や伽耶(6世紀ごろ滅ぶ)と同盟。高句麗(好太王の碑)や新羅と対立。

コメント

タイトルとURLをコピーしました