#2【中学校社会科 歴史ノート】人類の発生

歴史一覧

こんにちは

てぃ~ちゃ~Mです

今回は#2【中学校社会科 歴史】人類の発生を紹介します

▼今回の動画はこちら▼

#2 【中学社会科 歴史】 人類の発生

▼今回のノート用文章はこちら▼

①人類の発生

  アフリカの東部から出現し、直立歩行、道具や火、言葉の使用をする

②人類の種類

  1、猿人・・・アウストラロピテクス、直立二足歩行、道具を作成、使用

                      打製石器

  2、原人・・・ジャワ原人、北京原人、火の使用、言葉の使用

  3、新人・・・クロマニョン人、精巧な石器、骨角器、洞窟壁画(ラスコー(フランス)やアルタミラ(スペイン))

勉強復習、予習、テスト勉強などの参考にどうぞ(^_^)

▼ 歴史記事 ▼

本記事の内容:人類の生い立ちを知る

①人類の発生

②人類の種類

1、猿人2、原人 3、新人

進化は理科的な分野ですよね。でも社会科は、発生した人類が、社会性を持っていく様子を理解して、この先の私たちの未来に活かす教科です。

社会性?難しいですね。ですが、これからの歴史の授業を学んでいくことで「社会性ってこんな感じかな?」と理解できます。

急がないでゆっくりとで大丈夫ですよ

人類の発生

アフリカ大陸の東部から出現しました。サルの種類が変化、進化して人類という種類が生まれてくる。

サルを祖先に持つ人類の特徴として直立歩行をするようになった。これには、当時の気候も関係してくる。気候の変動で大きな森が少なくなったということがある。

サルは基本的に木で暮らしているのが、その木が少なくなっていったとなると、地上に降りなければならなくなってくる。チンパンジーなんかを見たらわかるけど、基本的に足と両手で歩いてくる。でも手を着いたままだと遠くが見渡せない。危険をいち早く知るために遠くを見るとなると立った方が良い。

この直立二足歩行がその後の様々なことに関連してくる

人類の種類

今の人類の種とは違うものだが、今の人類の遺伝子からこれらの特徴がみられるから、これらの種から進化したと考えられている。

猿人

・・・アウストラロピテクス、直立二足歩行、道具を作成、使用

                      打製石器

原人

・・・ジャワ原人、北京原人、火の使用、言葉の使用

新人

・・・クロマニョン人、精巧な石器、骨角器、洞窟壁画

火を使う人類が出てくるが、火の使用がもたらしたものは

脳の発達

脳が劇的に発達したのが火の使用です。

火を使うことで何が起こるのかと言うと

食べ物を焼きます。生肉なんかを考えたらいいですが、肉は焼いたら食べやすく、栄養価も上がります。これが脳に良い栄養を与えた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました