不登校児童に対して教師(学校)が考えること・とるべき対応【個別性が大切】

雑記

こんにちは

てぃーちゃーMです

「私の担任なのに生徒が不登校になってしまった・・・」

「不登校の児童を受け持つことになったがどうしたらいいのだろう・・・」

このような状況はよくありますが

実際、どうやって対応すればいいのか難しいところです

今回は、保護者や生徒の声も紹介し、その中から

教師として不登校児童をどう考え、どう行動すればよいかを紹介します

結論ですが

生徒や保護者への理解、他者への理解が一番大切です

実際、私も現役のころに、もっと生徒を一人の個性のある人間ととらえ接しておくべきでした

「不登校児童はどうせ○○なんだろう」という決めつけが自分の中にあったのかもしれません

5年目で不登校児童を受け持った時に、生徒の理解を最優先で考えて話を聴こうと思ったので、その生徒は不登校から、その後は無欠席に変わりました

前回も紹介しましたが、不登校になる生徒の理由は様々です

(参考:▲不登校の子を持つあなたに伝える学校への対応の求め方【まず休ませよう】▲

という事は、それぞれに合った、適切な対応が求められるという事ですよね?

例えば

生徒から、あなたに対してヘルプが出されている場合もあれば

生徒は、あなたにヘルプを求めていない場合もあります

なのに、積極的な家庭訪問を続けているとかえって逆効果になったりもします

まず、保護者や生徒本人がどんな思いなのかを少しでも知り、「色々な心境があるんだな」と知りましょう

それを知ることで、あなたの教師としての成長が早まり、クラス全員で楽しい毎日を過ごせるようになります

個別性が大切

生徒一人一人の思いを知り、配慮してあげることが大切です

先ほどもリンクを張りましたが、生徒が不登校になる理由は

  • 学校生活に起因が35%
  • 家庭生活に起因が20%
  • 本人に起因が35%
  • その他・不明が10%

なので、色々考えられます

不登校の理由を知ることは、環境の改善のために必要な事ですが

それよりも

生徒が求めていることから満足させてあげ、生徒本人が不登校の理由を自然と口にできるような流れが理想的です

生徒や保護者の声

不登校気味だった生徒に対し、新たな担任になった教師が「よろしくな!」と目を見て握手を一人一人の生徒にしていったことで不登校気味だったのが改善されたこともあります

学校へ来やすい環境整備という事では

別室登校や保健室の協力、「電話連絡は毎日しなくてもいいですよ」としてあげる、行事などでは生徒席ではなく教師が手の届くところで参加させてあげるなどです

そうした対応を取ったことで、家庭や本人とのコミュニケーションが以前よりも取りやすくなったとの事例もあります

その他、午前中だけなら、午後だけなら、部活動だけならと色々な時間のパターンもあります

部活動だけ参加できていた、不登校気味の生徒に、学校に来ているからと担任が職員室に呼び出し注意するなんて絶対にしてはダメです

本人は部活動だけであっても学校へ来ることを頑張っています(怠惰でない限りですが・・・)

どういった形であっても、学校へ来ること自体が子供にとって非常にストレスになっている場合があります

まず、学校へ来れているということだけでも認めてあげましょう

また、毎日電話や家庭訪問を求めるような生徒や保護者もいれば、そうではない場合もあります

よかれと思ってしていた行動が、相手にとっては全く反対の行動の場合もありますの

なので、あなた一人で抱えることなく様々な教員と協力して取り組んでいくことが大切です

生徒本人や保護者がしてほしいことを知り、1人1人の思いに寄り添う事が個別性を大切にすることにつながります

正論はしんどい

正論ばかりをかざしているとあなたが悪者になってしまう場合があります

ここで言う正論とは、「学校へ来て授業を受けて当たり前」という考えです

正論はもちろん正しいです

ですが、一部の生徒にとって正論は重たいストレスです

何らかのストレス(いじめや友人関係、対教師など)を強く受けた場合、その環境に出くわす機会の多い学校という環境は本人にとってプレッシャーを感じる環境へと変化します

ポジティブなストレスならば良いのですが、マイナスのストレスの場合は体調にも表れるぐらいのプレッシャーになって押し寄せてきます

そんな中で、「学校へ来い!」と言われてしまうと、とっても「しんどく」なります

学校へ来ることが=正しいことならば、学校へ行かないこと=悪になります

学校へ来いという正論が場合によっては「お前は悪者だ!」と言葉を変えてとらえられてしまいます

そうなると、教師に対する不信感が高まります

教師に対する不信感が高まると一層コミュニケーションがとりづらくなってしまいますし、

教師という学校全体ではなく「あなた」という個人にベクトルが向くことにもなりかねません

そうなると、生徒にとってのあなたは「悪者」になってしまいます

相互理解とは程遠い関係になってしまうという事です

(参考:▲勤続年数から考える教師の仕事の本質【勤続年数より質が大切】▲

学校へ来て授業をするのは当たり前なのですが、本当に大切なことは学校へ来ることではありません

優しい心遣いが大切

「学校へ来ること」ではなく、「生徒本人が豊かな人生を送れるようになること」

それが、教師が行う教育です

学校は来ること自体が目的ではありません

学校で何かを学ぶことが目的です

という事は、教師は学んでもらう事が仕事になり

何を学ぶのかというと、専門教科、クラブ活動、学校行事、クラスでの活動などを通して

人生を豊かにするすべを学んでもらうという事です

大切なのは、その人個人の人生を豊かにするという事です

はっきり言うと、教科だけを学ぶなら動画やネットからでも十分学べます

ですが、生徒は授業でのやり取りや、何気ない会話、発問、学校生活のなかで教師から学んでいることはたくさんあるのです

だから「学校へ来ていろいろ学んでほしい」と思うのです

だから教師は不登校の生徒へも色々な働きかけをするんです

あなたは、家庭訪問が「作業」と思ったことはありませんか?

電話連絡が「作業」と思ったことはありませんか?

生徒の豊かな成長を願うなら、あなたの一つ一つの行動は全てが「教育」になり「作業」とは違う崇高な仕事になります

家庭訪問も教育の機会の一場面です、電話連絡も何もかも、学校内外でのあなたの行動は全てが生徒への教育になります

専門教科だけではありませんし、学校へ来ることだけが学校の目的ではありません

事実、学校へ一切登校せずとも、小学校や中学校では卒業できます(一応留年とかも選択肢としてありますが希望しない限り絶対になりません)

だとしたら、学校へ登校することが目的ではないことは明白です

あなたの仕事は、生徒本人が豊かな人生を送れるようにサポートし協力することです

まとめ

今回は、不登校児童に対して教師が考えること・とるべき対応として紹介しました

教師は相手を心から思いやる気持ちがどんな生徒に対しても必要です

経験年数が浅いと、どうしても生徒を心から思いやるという事が難しいです

まあ、言いかえると

  • 親のような思いやりで
  • 仏のような懐の深さを持ち
  • 裁判官のごとく正義に関してはジャッジする

とでも言いましょうか

不登校児童に対しては、全力、仏の立場でいいです(怠惰や非行でない限りですが)

若い頃だとどうしても親の気持ちはわかりにくいものです

(参考:▲1年目の教師が持つべき3つのモノ【教師の資質】▲ここでいう「保護」です)

だからこそ、謙虚に理解する、傾聴する姿勢が大切です

そういった姿勢や態度は保護者や生徒本人、周りの教師にも伝わります

そうなると、あなたを守ってくれるサポーターがどんどん増えていきます

あなたが変わることで周りの人も環境も変わります

ぜひ、目の前の生徒を大切にしてあげてください

あなたの健康とこれからの未来を応援しています(^^)/

最後に

私も少しでも勉強の足しになればと

授業の記事・動画をまとめていますので参考にしてください

▶【てぃーちゃーMの社会科】授業ブログ「やさしい社会科授業」

http://teacherceo-masajirusi.com/

▶【中学社会科動画】youtube

https://www.youtube.com/playlist?list=PLWuTo1d_8MwwdbfWkLWaPLUibd6h0I0E0

また、質問や困ったことなどあれば連絡ください。少しでもお役に立てればと思っています

▶てぃーちゃーMの公式LINE(「社会科授業用情報」を無料で配信していきます。)

https://line.me/ti/p/nRadGVe342

▶てぃーちゃーM twitter

https://twitter.com/teacherCEO1

最後までご覧いただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました