【公務員 副業】 投資用の不動産を買うにはどの業者に聞けばいい?「資産運用 不動産」【てぃ~ちゃ~M】

公務員副業

こんにちは

てぃ~ちゃ~Mです

今回は 投資用の不動産を買うにはどの業者に聞けばいい? を紹介します

▼前回の記事はこちら▼

本記事でわかること: 投資用の不動産を買う時どういった業者に聞けばいいか

目次

・安心できない業者

・安心できる業者

・何をしたらいいの?

安心できない業者

会社にまで電話をしてきてアポイントを取ろうとする業者に良い業者はありません。

逆に、何も言わなければそのままほったらかしの業者も良いわけではありません。

あなたが安心して不動産を持ち続けることができて

安心できる業者ってどんな業者なのか

あなたの大切な仕事の時間を考えずに電話をかけてきてマンションを売ろうとする業者があなたの事を考えていると言えるでしょうか?

そんなことありませんよね

すでに付き合いのある業者でも、全然連絡をしてこない業者も大切に思ってくれているとは思いません

あなたを大切にしてくれない業者が、あなたの収入を手伝ってくれるとは思えませんよね

例えば、知らない電話番号からかかってきていて、知り合いかな?とかけなおすとマンションの営業電話だったなんてことはあなたにもあるのではないでしょうか

そういう業者は売りたい気持ちがどうしても優先されていますよね。あなたの状態ではなく、電話のセールスマンの状態が優先されてしまっています

でも、電話でもしてもらわないと業者との接点なんて無いから、電話営業は仕方ないのでは?と言う人もいるかもしれません

今の時代、わざわざ電話で業者から接点を作らなくてもネットで全て調べることは可能です

だから、電話で営業してくる業者や、接点があるのに全然連絡をしてくれない業者は安心できる業者ではありません

安心できる業者

物件を紹介してくれるからいいのではなく

アフターケアがしっかりとしている業者さんが良い業者です。

不動産経営は買ってお終いではありません。

買ってからが本番です。

なぜなら毎月家賃収入を作り出してくれているということは日々のケアをしているからこそ入居者さんは住み続けてくれるからです。

日々のケアというと大げさですが、アパートならば共同利用の場所の掃除や、共用スペースの電気交換なども必要です

買って終わりではなくいろいろしなければならないことはあります

それをやってくれるのが不動産管理会社ですが

様々な不動産管理会社があります

他にもやるべきことがあります

確定申告です

確定申告に関しては以前の記事を紹介しておきます

アフターケアは買ってからのケアだから、やってみないとわからないのでは?と思うかもしれませんがそんなことはありません

買った後、自分がしなければならない事をしっかりと伝えてくれたり

不動産業者さんが管理業者を紹介してくれるかどうかでも判断できます

管理業者を雑に紹介してくるようなら、管理業者とのつながりがあまりないのかもしれませんし、売りたいだけなのかもしれません

確定申告の時期にも前もって用意するものを教えてくれていることも大切です

アフターケアをしっかりしてくれてる業者かどうかが安心できる業者かどうかの見極めになります

何をしたらいいの?

あなたの今の状況によって変わってきます

投資に興味がある段階なのか

投資の中でも不動産に興味のある段階なのか

まだ買ってはいないが購入するということを決めているのか

人によって様々なので、あなたの今の状況を認識する必要があります

まだどんな業者とも話をしたことが無いのならまずはどこでもいいので聞いてみるべきです

自分がどのような立場なのかは業者に聞くのが早いです

▼聞ける業者、セミナー情報アリ▼

▼中古マンルーム 大阪 名古屋 東京 福岡 北海道 に住んでいる方▼

▼ 東京 名古屋でのセミナー情報 ▼

▼ 30才 会社員 公務員 既婚者 年収よりはまず相談▼

買っていないが購入を検討している人なら

下のリンクに不動産を買うまでのやるべきことを書いています

何より

自分の今の状況を、自分自身が知ることで次にやることは見えてきます

まとめ

・自分の事ばかり優先させる業者は安心できない業者

・アフターケアをしっかりと考えている業者は安心できる業者

・何をするかは自分の状況をあきらかにしてから手順を踏んでいきましょう

さいごまで読んでいただきありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました